• 売場を活かすモノ作りの「カンビ」

    SALES PROMOTION AGENCY

    KANBI CO.,LTD

  • 製作実績一覧

    株式会社カンビで手掛けた製作実績をご紹介

    電池サイドオンスリム什器

    電池サイドオンスリム什器

    サイズ:幅125x奥行125x高さ1,345mm

    素材 :(ベース)スチールx(POP)PET

    【什器仕様解説】

     

    店頭調査から開始し、イメージ提案〜設計・製作まで担当しました。主にスーパーマーケットのレジ前売場でのジョイント展開を想定していましたが、実際にはホームセンターなどのエンド売場周辺でも活躍しています。

     

    わずか一辺が125mmという正角柱のスペースで、左右2面x6段、計12フェイスの商品を展開しています。レジ通過顧客とレジ前主通路の通過顧客、双方の購買獲得を目指し、フェイスが2方向に向くように設計しました。什器をレジ前の右側・左側でも設置できるような構造になっています。

     

    またフックの角度設定や、背面の板金構造、プライスホルダーの構造など、それぞれの仕様目的に沿って設計・製作しました。

     

    POP部分はPET材の薄板をプリントしています。販売のデッドスペースとなる什器下部、及び陳列フェイスのデッドスペースとなる箇所、さらには什器トップの3ヶ所を活用しています。トップ部分は通路移動客の視線誘導、中央部分は什器至近での需要喚起の目的を果たしています。店内ではどうしてもカート等との接触が避けられませんので、素材としてPETを採用し、強度アップを図っています。

    電池両面カットハンガー

    電池両面カットハンガー

    サイズ:幅249x奥行50x高さ472mm(3列展開時)

    素材 :(ベース)厚紙x(フック)プラスチック

    【什器仕様解説】

     

    単なる「吊下げハンガー」ではありません。表・裏、それぞれ別の商品に対応できるように両面印刷になっています。更に、縦方向にも分割することが可能です。3列を2列と1列に、または1列3本にすることも可能です。

     

    電池両面カットハンガーは実際の店頭展開で威力を発揮します。スペースのある際には3列で、少ししか隙間がなく、スペースがない際には1例で展開が可能です。また、切り離した部分は別の売場・店舗で活用も可能なため、無駄が一切ない仕様になっています。そのため、設置チャンス=販売チャンスが圧倒的に増えていきます。

     

    店舗での取り扱い利便性を高めるため、ミシン目の工夫や素材の選定を繰り返し実現化へとたどり着きました。外見上は地味ですが、アイデア・ノウハウの詰まった販促ツールになります。

     

    この機能性が評価され、「日本プロモーショナル・マーケティング協会展」で【銀賞】を受賞しました。

All Posts
×